2010年07月17日

ダイエットの柱?

あなたはダイエットを始めようと
思ったときにどこから手をつけますか?

たぶん多くの人が、食事を制限するという
ところから手をつけるような気がします。

食事を制限すれば、
体重が増えるのを抑えることができます。

確かに口から入ってくるものがなくなれば、
単純に体重が増えることもなくなりますしね。

しかしあまり食事制限をするということを
ダイエットの柱にすることはよろしくないと思われます。

食事をしない=ダイエットにつながるという
公式があなたの中で出来上がってしまうためです。

逆にいうと、

食べること=罪悪

という意識につながっていくことも
十分に考えられます。

すると少しでも好きな食事をすると、
自分を責め、ダイエットに挫折してしまう
場合も目立ってきます。

また上にあげた意識があまりに強くなっていくと、
「拒食症」に陥ってしまう可能性もあります。

拒食症の人の中で、ダイエットきっかけで
深刻になっていったという人は少なくないのです。

拒食症になると、食べ物を受け付ける
ことができなくなってしまいます。

ですから早く治療を行うことが必要になってきます。

治療をして、拒食症の症状を抑えたからといって、
安心することはできません。

というのも、拒食症の次には全く逆の
症状である「過食症」が襲ってくるリスク
があるからです。

このようなことを続けていれば、
健康な体を手に入れることはできません。

以上にあげたケースは極端な場合であって、
みんながみんなかかるわけでは
ありませんけれども。

しかし食事の量を極端に減らすということは、
後々深刻な病気になるリスクを自ら
高めてしまう場合があるのは確かです。

例えば骨粗鬆症というのが女性の
間で発病することが多いといいます。

この骨粗鬆症、極端な食事制限をしたことによって
発症する場合があるといわれています。

ダイエット以前に、私たちは食事をすることで
栄養分を確保し、生きている。

このことを忘れてはなりません。

ダイエット中でもきちんとした
食事をとることが基本中の基本ですよ。

>> 痩せるための無料レシピが毎日届く
posted by dieter at 10:00| Comment(0) | ダイエットのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。